資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

Photoshopクリエイター能力認定試験の基礎知識

Photoshopクリエイター能力認定試験とは?

Photoshopクリエイター能力認定試験とは、デザイン・印刷などのDTP業界において標準ツールとして広く利用されているAdobe Photoshopによる画像の編集に関する知識と技術が問われる試験です。サーティファイによる認定を受ける民間資格です。

仕事について

Photoshopクリエイター能力認定試験の資格取得者は、グラフィックデザイナー、WEBデザイナー、イラストレーター、インダストリアルデザイナーなどの職種において活用されています。主に、DTPデザイン・CGデザイン・Web・イラスト作成・ゲーム制作などの業界では、Photoshopは定番ソフトのようです。Photoshopクリエイター能力認定試験は、スタンダードレベルとエキスパートレベルの2段階に分かれており、エキスパートレベルでは、クライアントのニーズに対応した創造性の高いコンテンツ制作ができることが条件となるため、直接実務で活用できる内容になっています。DTPやWebデザインに関する基本的な知識を持って、デザインコンセプトや表現の目的に応じて、Photoshopのどの機能が適切かを選択して表現するスキルを、現場で活かすことができます。

年収について

Photoshopクリエイター能力認定試験が活かせる職種のうち、グラフィックデザイナーやイラストレーター平均年収は、男性で360万円前後、女性で300万円前後だといわれています。グラフィックデザイナーの例をとると、初年度は250万円程度ですが、5年目、10年目と実務経験を積んでいくにつれて、400万円、600万円と年収がアップしていくといわれています。デザインに関する責任も多くなり、最終的には企画やプロデュースに関わることができるようです。Photoshopは、現在スタンダードな画像編集用ソフトで、プロから個人まで幅広く使用されている製品。さまざまある画像処理ソフトの中でも、定番中の定番ということから、当面ニーズが失われることはなさそうです。

難易度と試験対策

Photoshopクリエイター能力認定試験では、Photoshopを駆使して、提示されたテーマ・素材から、仕様に従ってコンテンツを制作する能力が問われます。受験資格に制限はなく、エキスパートレベルは8,000円(税込)、スタンダードレベルは7,000円(税込)の受験費用を支払うことで受験できます。試験は、知識試験と実技試験の2種類があります。試験対策としては、問題集やテキストが公式テキストとして出ているので、それを利用するという方法や、各種スクールで開講されている試験対策講座を利用するという方法があります。公式では、スタンダードレベルは20時間、エキスパートレベルは18時間の勉強時間が目安として示されています。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

マイクロソフト認定資格(MSS)

MSSは、マイクロソフトが実施している、情報産業分野での営業スタッフ向けの認定資格制度である。マイクロソフトの製品やサービスに対する幅広い知識と、顧客のニーズにあったソリューションを提供するための高い営業スキルが要求される。

Webプログラミング能力認定試験

平成19年度試験をもって「Webプログラミング能力認定試験」が休止となりました。

マイクロソフト認定資格(MCSA)

MCSA資格は、IT プロフェッショナルおよび開発者を対象とし、クラウドか事業所内かを問わず、IT 環境で必要とされるコア プラットフォームのスキルを実証します。この認定資格は、マイクロソフトのフラグシップであるMCSE およびMCSD 資格の取得条件です。

参考書籍

  • media5 過去問突破! Photoshopクリエイター能力認定試験 6ヶ月保証版
  • Photoshopクリエイター能力認定試験 問題集 (Ver.CS/CS2/CS3対応)
  • よくわかるマスター WEBクリエイター能力認定対策テキスト&問題集 サーティファイWeb利用・技術認定委員会公認 初級