資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

国際会計検定の基礎知識

国際会計検定とは?

BATICはBookkeeping and Accounting Test for International Comunicationの頭文字をとったもので、「国際コミュニケーションのめの英文会計テスト」のことである。グローバルなビジネスシーンにおいて不可欠な英語力
と国際会計スキルを同時に測る検定試験。
財務、経理関連の仕事に就いている人、英語力をビジネスに生かしたいと考えている人にお勧めの資格である。
科目はSubjectlと2に分かれており、Subjectl
と2同時にSubjectlのみ・Subject2のみと自由に受験することができる。ただし、Subject2のみを受験する場合、過去にSubjectlで320点以上以上(アカウンタントレベル)を取得していることが必要。

難易度と試験対策

マークシート方式による選択問題及び記述問題が、英語で出題される。Subjectlは英文簿記で配点400点、Subject2は国際会計理論で配点600点、合計1000点。
試験結果は合否ではなく、1000点満点のスコア制で受験者全員に点数の認定を行う。ただし、Subjectlがアカウンタントレベルに達しなかった場合は、Subject2の得点は認定されない。

◆ 問い合わせ先命
東京商エ会議所検定センター
☎03(3989)0777
http:/www.kentei.org/

問い合わせ
東京商工会議所

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

公認会計士試験合格者

公認会計士試験合格者とは、公認会計士法の規定に基づいて行われる公認会計士試験に合格したものをいいます。試験を主管しているのは財務省です。この公認会計士試験に合格後、一定の研修を受けて初めて公認会計士資格が与えられます。

会計士補

公認会計士協会に登録して初めて公認会計士と名のることができます。監査業務に携わっていても、公認会計士の登録がされてない者は公認会計士ではありません。 逆に、公認会計士として登録がなされていれば、監査業務を行ってなくても、公認会計士です。 2006年試験制度改正前は、公認会計士試験(公認会計士試験2次試験といわれていた)に合格した者は、まず、”会計士補”として...

米国公認会計士

米国公認会計士とはアメリカの各州が認定している公認会計士資格の事であり、英語ではCertified-Public-Accountantと呼ばれ略してCPAとも言います。またアメリカでは各州で取得、登録されていますので、登録した州でしか業務は出来ません。

参考書籍

  • 国際会計検定BATIC Subject〈1〉公式テキスト
  • 国際会計検定 BATIC Subject1 公式テキスト
  • 国際会計検定BATIC Subject〈1〉問題集