資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

労務管理士の基礎知識

労務管理士とは?

労務管理士とは企業での労働基準法、労務管理に関している専門的な知識を習得し、適正な職場環境を作れる人材を育成する事を目的としており、労務管理などを行う知識・能力を認定しています。また労務管理士は民間資格であり、企業内に限られる資格です。

仕事について

労務管理士のメリットは、まずは資格を取得することによる月々の手当があります。これは会社によって異なるので自分の会社の人事部に問い合わせてみるとわかるでしょう。人事部や総務部に勤務しているときには、労務管理士の資格は普段の業務と密接な関係があるので、この資格の所有者には資格手当を支給しているところが多いです。その他のメリットとしては、勉強の家庭で労働基準法や労働基準監督法などの労働法規についての知識が深まることがあります。大学などで専門的に労働法を学んでいる人以外は、労働法関係についての知識が乏しい場合が多いので、労働基準法関係の専門知識はこれからの人事考課にプラスの影響を及ぼすことが期待できます。

年収について

社会保険労務管理士の国家資格取得の倍率が高まったのはバブルが弾けて間もないころからです。合格率が一桁台となり、弁理士に次競争の激しさでした。理由はホワイトカラーのリストラで、独立を考えた人たちが労務管理士の資格取得に殺到したからです。
しかし、社会保険労務士の看板を上げて独立をしましが、この業界では営業で会社を回りますと既に先輩の労務士が企業顧問に入っているため収入の道が途絶えました。そこで考えたのが、労務士の資格者が国の代行ができる助成金支援の代行業務で新規開拓で営業を始めてようやく企業との顧問契約に結びつきました。
収入は、顧問契約は中小企業では月15,000円~30,000円で、助成金制度の代行が成功報酬型で総額の10~20%となり、年収は幅がありますが400万円~600万円となります。

難易度と試験対策

労務管理士とは、労働基準法などの労働環境についての法律をしっかりと学び、人々が働きやすい環境を整えていく仕事を、資格を持って行っている人々のことです。この資格は、国家資格ではなく民間資格であるため、資格を与えている団体ごとに詳細は違ってきていますが、いずれも専門の知識を確実に身に着けていなければ合格できないため、資格保有者は信頼して仕事を依頼されます。もちろん資格ということで、試験が待っています。試験対策として一番いい方法は、インターネットで教材を購入することです。「労務管理士」とネットで検索をしてみると、専門の教材がいろいろと出てくるため、その中から自分に合ったものを選び勉強するとよいです。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

貸金業務取扱主任者

貸金業務取扱主任者とは貸金業務取扱主任者資格試験に合格して主任者登録を完了した者のことを言います。 以前は研修を受講することで取得できる民間資格でしたが、法律によって国家資格となり、貸金業者に必置の資格となりました。

イベント検定

企業や中央官庁、自治体などでイベントの発注業務や管理・調整等を行うためには、イベント専門家としての実務経験はなくとも的確なオリエンテーションを行って、より適切で効果的なイベントを実施する「イベントについての体系的な基礎知識」を持つ人材が必要です。イベント検定は、こうした人材の養成を目的として、平成9年に創立されました。 受験資格は、受験年度に満18歳以上で、...

企業人事調査士

企業人事調査士は、 調査、探偵業務の専門家で、主な仕事内容は、調査、探偵業務代行、人事調査、情報提供からマネージメントサービス、企業調査、分析など案件によって幅広いです。  企業人事調査士を取得するには、日本企業人事調査局が実施する通信教育講座を受講し、認定試験に合格することが必要です。その他、書類審査により、認定する制度もあります。

参考書籍

  • ナンバーワン社労士 過去10年本試験問題集 (2) 雇用保険法・労働保険料徴収法・労務管理その他の労働に関する一般常識 2013年度 (TAC社労士ナンバーワンシリーズ)
  • ナンバーワン社労士 ハイレベルテキスト (別冊) 直前対策 一般常識・統計/白書/労務管理 2013年度 (TAC社労士ナンバーワンシリーズ)