資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

核燃料取扱主任者の基礎知識

核燃料取扱主任者とは?

核燃料取扱主任者とは、環境省原子力規制委員会が管轄する国家資格で、核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律である原子炉等規制法に基づき、核燃料の加工もしくは使用済核燃料の再処理を行う場所に従事する者のことを言います。核燃料物質に関する保安・監督者として活躍できます。

仕事について

核燃料取扱主任者の資格を取得すると、核燃料の加工や使用済み核燃料の再処理などを行う職場で、核燃料物質の保安や監督を行う者として、または放射性廃棄物の廃棄事業所などで、放射性廃棄物の取扱いに関する保安・監督を行う廃棄物取扱主任者として仕事に従事することができます。原子炉等規制法に規定されている核燃料物質とは、原子力基本法で定めるウラン、トリウムなどの原子核分裂の過程で高エネルギーを放出する物質のことを指します。核燃料の加工事業者や、再処理事業者などは、核燃料取扱主任者を必ず置く必要があります。よって、核燃料取扱主任者の職場はウランなどを加工して燃料を製造する工場や、使用済の燃料からウランやプルトニウムを取り出して再処理する工場などになります。核燃料の取扱いや管理に対して監督する重要な責務を担う役割を担うことになります。

年収について

核燃料取扱主任者の資格取得者は、保安・監督者として働くことになるため、それなりの収入が見込めることでしょう。その取得者のほとんどは現場で働く人たちが多く、付加価値をつけるための資格であると言って良いでしょう。また、合格者のほとんどが、第一種放射線取扱主任者の資格保有者であることからも、同時に取得しておくことで優遇されたり、給与アップにつながったりすることもあるようです。職場によっては、資格手当や収入アップの特典を付与するところもあるので、資格取得はかなり有意義であると言えるでしょう。また、超難関の国家資格であることから、取得できた暁には、生涯有効な資格として、将来は安泰であると思って良いでしょう。

難易度と試験対策

核燃料取扱主任者の試験は、核燃料物質の化学的性質及び物理的性質、核燃料物質の取扱いに関する技術、放射線の測定及び放射線障害の防止に関する技術、核燃料物質に関する法令と、出題範囲が専門的で幅広いことから、試験範囲を網羅するためにも暗記が必要になってくると言われています。予備知識としては、最低でも、原子炉工学と放射線工学を理解しておく必要があるようです。また、物理、化学、生物学についても大学で学ぶ程度の知識が必要だとも言われます。この資格はすでに現場で働く人が取得するような資格であることから、一般の人向けの市販テキストの存在はほとんどありません。強いて挙げるならば公式サイトある過去問題集か、通商産業研究社発行の核燃料取扱主任者試験問題集などを活用することになるでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

放射線取扱主任者

放射線取扱主任者とは、原子力規制委員会が免状を付与する国家資格です。放射線を取り扱う事業所において、放射線障害防止を目的とした監督を行います。試験は第1種と第2種に分かれており、それぞれ取扱い区分が異なります。第3種については講習のみとなります。

PC工法溶接管理技術者

PC工法のアーク手溶接と半自動アーク溶接を使う工事現場に従事するため、その枝術に関しての十分な知識をもつと認定された者のことである。 溶接にあたっての工事計画、進行、管理、安全、記録書の作成のほか、溶接技能者の指導を行なう。PC工法における溶接工事の管理を適正に行ない、溶接管理者の資質の向上をはかることを目的とする資格試験。 PC工法に関わる仕事について...

エネルギー管理士

エネルギー管理士は、規定量以上のエネルギーを使用する工場にて、エネルギーを消費する設備の維持や使用方法の改善や監視などを行う職務に就くことのできる資格です。試験か研修を受けて免状を付与されることで認定されます。