資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

法務教官の基礎知識

法務教官とは?

法務教官とは、国家公務員試験のうち、法務省専門職員(人間科学)法務局教官区分での試験に合格し、少年院または、少年鑑別所にて勤務している人のことをいいます。
少年院へ送致された少年を更生させることが主な仕事です。
採用倍率は10倍前後で、毎年200人前後の方が合格しています。

仕事について

少年院、少年鑑別所の専門的なし知識を持った職員が法務教官です。法務教官はとても専門的なし知識を持っていて、少年院の少年達の個性や能力を磨いたり、社会人として復帰させるために指導を行います。受刑者へ指導をする事もでき、薬物依存から性犯罪まで、様々な種類の指導を行なっています。メリットは非常に多く、少年を構成する専門教育を少年院で行えるのでやりがいのある仕事です。健全な考え方の生活指導を行う事ができ、基礎学力の教育や職業や生活で必要となる技術などを習得させ、自立して安定した生活を身につけされるための知識を付けたり、生活改善を促すので、それらの知識が付きます。勤務すると、少年達の面接を行ったり行動観察を行い更生させる事ができます。

年収について

法務教官の平均年収は、30歳男性の場合300万円以上400万円未満という調査結果となっています。この収入は国家公務員としては、平均的なものです。収入の増加を求めるときには、昇進試験に合格していくことが必要です。より上位の昇進試験に合格して、階級が上がっていけばそれにともなって年収も増加します。また、主任や班長といった役職に就くことでも、給料の金額は増加します。役職手当といわれる超過手当が支給されるからです。この役職手当を受けるためには、まじめな勤務実績を積み上げて人事考課を地道にあげていくことが求められます。勤続年数も重要です。勤続年数が10年を超えたあたりから役職がつく候補に挙がることになります。

難易度と試験対策

法務教官は公務員であり、実際にこの職業に就くためには公務員試験を受ける必要があります。その後で法務省専門職員採用試験の法務教官部門を受け、合格をしなければなりません。試験対策は公務員試験と同様に、一般常識を中心に市販のテキストで十分に行うことができます。この仕事は青少年達を相手にした特殊な仕事であり、より高い仕事への理解度がもとめられます。そのため関係者の方からのヒアリングを試験対策として盛り込むのが、効率の良い勉強法となります。身近に教官をしている方や、もしくは教官にお世話になった経験のある方などがいたら声をかけてみましょう。そうでない方も、対策を目的とした講習やセミナーが行われており、これらを利用することで合格率を上げることができます。

問い合わせ
法務省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

警察官採用試験

警察官採用試験とはそのものずばり警察官になるための試験です。国家公務員である警察庁の職員となる場合を除いて、警察官として任官するには各都道府県が実施している警察官採用試験を受験して合格しなけらばなることができません。

労働基準監督官

労働基準監督官とは労働関係法令の基づいて事業場等に立ち入り調査などを行い、法令の遵守を進めるとともに、労働条件の向上を図る厚生労働省の職員です。 厚生労働省に配置されるほか、都道府県労働局、労働基準監督署に配置されます。

衆議院速記者

衆議院、参議院には議事録などを的確に残す為に速記での議事録の記録が行われてきました。しかし近年、コンピューターでの議事録の記録などへの変更が行なわれ速記者の募集も活動もありません。

参考書籍

  • 公務員試験 法務教官(法務省専門職員(人間科学))問題と対策
  • 法務教官の仕事がわかる本 (公務員の仕事シリーズ)
  • 公務員試験 法務教官 問題と対策