資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ISO9001内部監査員の基礎知識

ISO9001内部監査員とは?

ISO9001内部監査員とは、ISO9001に基づき、ISO要求事項およびマニュアルどおり運用されているかを審査する資格になります。また、ISOシステムの有効性の審査も行う資格があり、非常にニーズの高い資格です。

仕事について

ISO9001内部監査員は企業で希望者を募って、または担当者が研修を受けて取得する場合が多い資格です。組織内部の人間のひとりとしての視点と、中立的な視点の両方から組織の問題点を発見し、社内のマネジメントシステムの運用・改善、経営管理の改善に効果的な提案ができる社員として、重要な役割を担っています。ISO9001内部監査員として身に付けたスキルや知識は、組織の内部監査員としての活躍が期待でき、組織に貢献できるだけではなく、個人的にも専門性の高い知識を得て、仕事に自信がつくというメリットがあります。資格を得ることにより、自分の力量を客観的に証明することができるので、社内ではなくてはならない存在として認識されるようになります。

年収について

キャリアアップと収入アップを同時に行いたい方へオススメなのが、ISO9001内部監査員の資格を取ることです。
製品の品質を管理し、維持するのが求められる職業であり、年収は300万円~400万円ほどが一般的ですが、この資格を取ることで500万円からの年収を得ることができます。ISO9001内部監査員を狙う条件としては講習を受けることが必要ですが、年収が増加するのが最大の魅力です。求人は常に行われており、資格を取得した後の仕事は常に一定数あります。高水準の収入で、安定した生活を送ることが可能です。すでに資格を持っている先輩や職場の同僚などに話を聞き、事前に勉強しておくことでスムーズに資格を取得できるようにしましょう。

難易度と試験対策

ISO9001内部監査員は公式な資格ではなく、各会社が品質マネジメントシステムISO9001の認証取得や維持をするための社内の役割です。各会社のISO9001の管理者が任命するもので、特に資格試験を取得する必要はありません。内部監査はそのサイクル、事前調査、初回会議、監査の実施、最終会議、是正処置など一定の実施方法が定められているため、内部監査員には必要な知識と経験が求められます。試験対策というものはありませんが、内部監査員養成コースなどの研修が行われていますので受講するのも一つの方法です。これらの研修はISO9001審査員研修コースの事前学習コースとしても最適なため、将来審査員を目指す方にはメリットがあります。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

木材加工用機械作業主任者

木材加工所において、特定の機械を5台以上常備している場所は、作業主任者という地位を配置しなければなりません。 そして、作業主任者には、木材加工用機械作業主任者の資格試験に合格した人材が必要となり木材加工用機械作業主任者の資格は必須となります。

公害防止管理者

公害防止管理者とは法律の規定に基づいてその設置が義務付けられた工場において、排出するガスや水に含まれるダイオキシンの量、配水等の汚染具合、ばい煙の量、粉じんの量などを測定する業務を管理する資格者のことを言います。

衛生工学衛生管理者

衛生工学衛生管理者とは、有毒ガスや蒸気、粉塵など人体に有害な物質が発生する作業場での作業環境の改善指導を行う資格です。林業、鉱業、建設業、清掃業、製造業、自動車整備業、機械修理業など幅広い職種でニーズがあります。

参考書籍

  • こうすれば効果が上がるISO9001内部監査指摘ノウハウ集〈2008年改正対応〉
  • マネジメントシステム監査員検定4級問題集
  • ISO9001:2000年版内部品質監査員の実務入門―成功する内部監査の進め方