資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

会員登録はコチラ

ログインはコチラ▼

close

パスワードを忘れた場合はコチラ

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

美容師の基礎知識

美容師とは?

美容師とはパーマネントや化粧、染毛で見た目を美しくするもので構成労働大臣の免許を受けてはじめて美容師として活動できます。美容師になるための試験は財団法人理容師美容師試験研修センターが行っており、各都道府県で年2回実施されています。

仕事について

美容師は美容専門学校を経て取得できる資格です。この資格があれば、美容院のみならず、エステサロンにも就職が有利になります。また、様々なヘアアレンジができるようになります。自分の髪の毛を自分でケアできますし、家族の髪の毛もヘアアレンジやケアをしてあげることができますので、非常にいいと思います。このような資格を持っていると、家族の美容院代がすべて掛からなくなりますので、家庭内では家計も助かりますので、とても重宝がられるでしょう。家族や自分の髪の毛を扱うことは良い練習にもなります。このように美容師の資格を取得すると、良いメリットがたくさんあります。家族やご自分の髪の毛を利用して、巧みな技を磨いていくといいでしょう。

年収について

美容師の収入は、平均年収は約270万円、平均月収は22万円となっています。すべての職業の平均に比べると低い部類に入ります。ただし個人能力次第で上がる傾向のある職種なので、他の職の平均給与以上に稼いでいる個人は多数います。給与は長く働いている人ほど高くはなりやすいです。ただし医師や看護師などと違い、転職時に過去の経験の影響で給与が高い状態で採用されるということはめったにありません。あくまで同じ職場で長く働いていると給与が上がりやすいという意味です。ちなみに平均年収は男性の方が高いです。ただし働いている人の割合は女性の方が多いです。そのため就職のしやすさでいうと女性の方が利点があるといえますが、仕事に就いてからの給与面においてのメリットは男性の方があるといえます。

難易度と試験対策

美容師になる為には実技試験と筆記試験に合格しなければなりません。実技試験に関する試験対策はやはり練習を重ねるのみです。実技は頭ではなく技量が試されますからやはり練習により極めるしか方法はないのです。次に筆記試験ですが、これもやはり教科書等をよく読み、肝心な所は暗記します。美容師試験の問題集等は書店でも販売されていますからそちらを購入してみても良いでしょう。内容としては髪や皮膚、衛生等に関する事なのでそんなに難易度が高い試験でもありません。学校で教わった内容をよく復習し、試験に挑めばきっと合格するはずです。実技に関しても時間が決めれていますから、時間内に技術が完了できるように必ず時間を計りながら練習に挑んで下さい。

関連資格

理容師

理容師とは、国家資格であり、専門の学校も通わなくてはなりません。一年間の学校と、通信で二年通う学校が選べます。専門の学校を卒業して、初めて受験資格が頂けます。試験も、実技と学科があり、実技に関しては、すごく練習しないと受かる事ができません。特に本人の努力が、必要な職業です。

ファッションコーディネート色彩能力検定

色彩検定とは、公益社団法人色彩検定協会(旧:社団法人全国服飾教育者連合会)(略称はA・F・T)が実施する色に関する知識や技能を問う試験であり、1級から3級までの3段階に分かれている。1990年11月に「ファッションカラーコーディネーター検定試験」として始まり、「ファッションコーディネート色彩能力検定」と名称を変更した後、2006年度からは「色彩検定®」として実施されている...

ファッションビジネス能力検定

ファッションビジネス能力検定とは、(財)日本ファッション教育振興協会によるファッションビジネスに関する造形的知識、技術、また実務までの能力を評価するための検定試験のことです。ファッションビジネス能力検定は上位から1級、2級、3級の3段階のレベルで構成されています。ファッションビジネスに携わる人間としての基本的な知識を身に付けているか問われる3級、ファッションビジ...

参考書籍