資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

栄養士の基礎知識

栄養士とは?

栄養士とは、食や栄養に関する専門的な知識あり、人が健康的に生きていくために必要な栄養を摂取できようにサポートを行う資格であります。病院や保健所、学校や病院、企業の食堂などで食を通じて人々の生活をサポートするための資格です。

仕事について

栄養士資格の仕事は大きく分けると、「栄養指導」と「給食管理」になります。「栄養指導」は、病院や保健所などで生活習慣病の治療、予防する為の献立や調理法、また正しい食事法のアドバイスなど。「給食管理」は、保育園、学校、病院、社員食堂などの献立や調理の指導、食材仕入れなどになります。栄養士はどの施設においても絶対必要な職業であり、そのためには必須の資格であるため、職業の需要としても高いです。最近では高齢化も相まって、老人ホームなど高齢者向けの栄養指導者、栄養士の需要が特に出てきています。フリーランス等もいますが、多くの方は組織の中での栄養管理の仕事を行なっています。

年収について

栄養士の平均年収は300万~400万円となりますが、働く職場によって収入は大きく変わってきます。収入が多い職場としては、病院や介護老人ホーム、保健所になります。こちらは食事分の費用を患者さんや行政からとっているため、その分大きくなります。それ以上に収入が高いのは食品会社の研究所です。こちらは研究開発を行なっているため、ある程度の経験や実力が必要となります。
こうしたところに就職する方法としては、経験を積み技術や知識を磨くことと、関連する業界の資格をとることが挙げられます。前者は現場で勉強をし続け、後者は「介護支援専門員」等の資格をとることです。このように職場次第で収入は大きく変わるので、まずは経験を積み、現場で勉強をすることが大切となります。

難易度と試験対策

資格をとる方法としては、国が指定している栄養士養成施設の専門学校や大学に行くことが必須となります。独学で資格をとることはできません。従ってまずは学校に入るための受験勉強をしなければいけません。学校によって費用や通学年数も異なるのでそこは慎重にご自身にあったものを選択しましょう。入学後には決められた学校のカリキュラムを学び、単位を履修し、卒業することで、資格を取得出来ます。大学にいくか、専門学校にいくかは、大学のほうが専門的な研究を行うので、食品メーカー等への就職に有利です。専門学校は実践的な勉強が多いので、早く力を付けられ、就職後もスムーズに働くことができます。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

フードコーディネーター

”フードコーディネーター”とは、食に関するビジネスの中で特定の分野に精通しつつも、商品企画、販売促進、宣伝など複合的にプロデュースする職業のことです。資格としてはNPO法人日本フードコーディネーター協会が1級~3級までを発行している。

製菓衛生師

製菓衛生師とは、菓子などの生産にあたって、公衆衛生への高い意識と安全な食品を作る能力を示す資格です。資格試験に合格し、かつ都道府県が管理している製菓衛生師名簿に登録された者が、製菓衛生師として名乗ることができます。

ふぐ調理師

ふぐ調理師とは、ふぐ条例に基づき都道府県知事が行うふぐ調理師試験において免許を取得した者である。有資格者以外はその業務を行えない業務独占資格である。都道府県によっては、ふぐ包丁師、ふぐ取扱者、ふぐ処理師、ふぐ調理士、ふぐ取扱登録者、ふぐ調理者ともいわれる。国家資格ではない。

参考書籍

  • 栄養士・管理栄養士になるための完全ガイド―食育、栄養、食の専門家になりたい! (主婦の友ベストBOOKS)
  • 栄養士実力認定試験過去問題集〈2013年版〉
  • 栄養士&管理栄養士まるごとガイド