資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

会員登録はコチラ

ログインはコチラ▼

close

パスワードを忘れた場合はコチラ

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

きき酒師の基礎知識

きき酒師とは?

利き酒は酒の品質を判定すること[1]。本項では日本酒の利き酒について述べる。本来は酒蔵において酒質が出荷できる品質を満たしているかをチェックするための官能検査であるが、居酒屋や酒販店が「利き酒会」と称して単に酒の味見をすることにも使われ、またその能力を競う競技会も開かれるようになった。フードビジネスの世界ではワインにおけるソムリエのように、客の好みに合せたアドバイスを行い、食べ物との相性を知る為にも必要な技術である。ワインテイスティングや焼酎についても利き酒と呼ばれることがある。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

栄養士

栄養士とは、食や栄養に関する専門的な知識あり、人が健康的に生きていくために必要な栄養を摂取できようにサポートを行う資格であります。病院や保健所、学校や病院、企業の食堂などで食を通じて人々の生活をサポートするための資格です。

コンセイエ

レストランでワイン選びのアドバイスをする人が「ソムリエ」なら、同じように小売店でフランスワインをお買求めいただく際にお手伝いするのが「コンセイエ」です。 コンセイエとは=conseiller、フランス語で「助言をする人」の意味で、お客様のご要望に応じて、的確なアドバイスを行います。

ビアテイスター

”ビアテイスター”は、ビールの味わい方や味・品質・スタイルの評価方法などについての知識と官能評価(テイスティング)の基礎的な能力があると認められた方に与えられる呼称資格です。 ビアテイスターセミナーの終了後、認定試験を行います。セミナーは年数回、東京と大阪で開催されます。約30種類のビールを試飲しながら、官能評価の方法、オフフレーバー(ビールにあってはならない味...

参考書籍

  • きき酒師必携 新訂