資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

会員登録はコチラ

ログインはコチラ▼

close

パスワードを忘れた場合はコチラ

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

フードコーディネーターの基礎知識

フードコーディネーターとは?

”フードコーディネーター”とは、食に関するビジネスの中で特定の分野に精通しつつも、商品企画、販売促進、宣伝など複合的にプロデュースする職業のことです。特定の明確な資格はないが、資格としてはNPO法人日本フードコーディネーター協会が1級~3級までを発行している。

仕事について

フードコーディネーターの仕事は多種多様で幅が広く様々な方面に広がっています。その為この資格を持った人が活躍出来る場が多く様々な業界からのニーズもあります。例えば、食品メーカーの商品開発、飲食店のプロデュース、食に関する専門家としてのメディア露出等です。フードコーディネーター以外にも食に関する資格は多くありますが、この資格の特徴は、食の専門知識はもちろん、飲食店の経営・マーケティング、宣伝等のブランディングの知識を持ち合わせることであり、総合的にプロディースすることであります。従って、外食産業や結婚式場などエンターテイメント産業、においてこの資格は役だっております。資格の難易度も他の食に関する専門資格よりも低く、食の仕事に携わりたい方にとっては3級であれば、入門の資格として学んでも良いかもしれません。

年収について

年収は会社員とフリーランスとで変わってきます。会社員として働く場合はその会社の待遇にもよりますが300万~800万円程度。フリーランスとして働く場合は実力次第であり、400万程度の方もいれば1000万以上稼ぐ方もいます。フリーランスの場合資格があると言えども実力勝負になります。料理研究家の方のアシスタントなどからキャリアをスタートし、独立、マスメディアへの露出を増やしていくことが主要なキャリアプランとなります。ただ、この資格自体フードコーディネーターに絶対必要なものではなく、収入をあげるためにはあくまでも実力勝負となります。自分に必要な能力を見極めて、技術やセンス、人脈等必要な能力を上げるために取得することをお勧めいたします。

難易度と試験対策

資格には1~3級があり、それぞれ年間に1回ずつ試験が開かれます。3級は入門レベルであり全国5箇所ほどで受験可能ですが、1級は東京のみで受験可能です。試験の内容としては、筆記試験は科学、文化、デザイン・アート、経営・経済の4科目あり各50分間です。調理師・栄養士・管理栄養士・製菓衛生師のいずれか一つ免許を持っている人は4科目の内科学と文化の2科目は免除されます。3級は専門学校に行かなくても独学で比較的簡単に取得でき、教本が書店に売っていますし試験1ヶ月前にはネットで模擬も行われるので出題傾向を掴む事が出来ます。一方2級は求められるスキルが上がり難易度が増します。1次試験(食イベントメディア、ホスピタリティ・ライフサポート、レストランプロデュース、食の商品開発の4科目)と2次試験(選択した専門分野の論述や企画書を記述式で提出)があり両方合格する必要があります。

関連資格

食品衛生管理者

食品衛生管理者とは食品衛生法の規定により食品の加工や製造の業種に配置が義務付けられた国家資格です。 資格者は医師などのほか、大学等において医学等を修了して卒業した者、厚生労働大臣が指定する養成施設の課程を修了した者とされています。

家庭料理技能検定

家庭料理技能検定とは通称「料検」と呼ばれ、家庭料理に栄養学と料理学を組み合わせた、家族の健康を料理の観点から考える実践的な能力の認定資格です。料理や食材、調理技術などについて正しく学ぶことを目的にしています。

食品衛生責任者

食品衛生責任者とは、社団法人食品衛生協会が運営する資格で、飲食店、喫茶店などの調理営業や、乳類、魚介類、食肉などの販売業等に必要な資格です。一日6時間の講習を受ければ即日取得できるため、飲食店に従事する多くの人が保有しています。