資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

食品衛生責任者の基礎知識

食品衛生責任者とは?

食品衛生責任者とは、社団法人食品衛生協会が運営する資格で、飲食店、喫茶店などの調理営業や、乳類、魚介類、食肉などの販売業等に必要な資格です。一日6時間の講習を受ければ即日取得できるため、飲食店に従事する多くの人が保有しています。

仕事について

食品衛生責任者の資格を有していると弁当店、惣菜店、ファーストフード店などの飲食店の開業が可能になります。また飲食店には必ず1名資格取得者を配置しなければならない決まりとなっているため飲食店への転職が有利になったり、飲食店勤務の方の場合店舗によって資格手当が支給されて年収が上がったり、支店を任せてもらえたり、出世が早くなったり重要な地位を与えられるなどのメリットがあります。食品を扱う上で必須の資格なので食品業界への就職や開業を考えている方には取得必須な資格であるといえます。所定の講習を受講すれば取得できる資格のため就職活動を行う前にあらかじめ受講して資格を取得しておき就職活動に活かす方も多いです。

年収について

この資格保有者の収入は、およそ400万円~です。この資格を取得される方は、個人で飲食店経営を行っている場合が多いです。したがって、飲食店経営が順調に売り上げを伸ばすことができれば、無限に利益はアップします。ご自身の経営戦略によって変化するのです。経営の手腕が試されます。ご自身の経営における才能とセンスで、お客様が食の喜びを感じるような経営をしていくことが収入アップに繋がります。

難易度と試験対策

食品衛生責任者は公的資格で高校生以外の17歳以上であれば誰でも受講できます。試験はないため講習を受けたあと修了試験で合格すれば食品衛生責任者になれます。栄養士や調理師、食品衛生管理士などいくつかの食品関連の資格がある者には受講しなくても資格が与えられます。受講は毎週行われており講習時間は6時間です。講習の内訳は衛星法規2時間、公衆衛生学1時間、食品衛生学が3時間行われます。講習を受けたあとに修了試験が行われますから試験対策としては各時間ごとに受けた講習内容を理解しておき大事なところをよく覚えておくようにします。飲食店の開業に必要となる資格のため受講はしっかりと受け修了試験で合格するように講義の話はよく聞いておくようにします。

問い合わせ
東京都福祉保険局

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

栄養士

栄養士とは、食や栄養に関する専門的な知識あり、人が健康的に生きていくために必要な栄養を摂取できようにサポートを行う資格であります。病院や保健所、学校や病院、企業の食堂などで食を通じて人々の生活をサポートするための資格です。

JSA ソムリエ

JSA ソムリエとは、一般社団法人日本ソムリエ協会の定めているソムリエのことです。 日本においてソムリエになるには、同協会の主催しているソムリエの呼称資格認定試験に合格し、その資格を取得する必要があります。

食品衛生管理者

食品衛生管理者とは食品衛生法の規定により食品の加工や製造の業種に配置が義務付けられた国家資格です。 資格者は医師などのほか、大学等において医学等を修了して卒業した者、厚生労働大臣が指定する養成施設の課程を修了した者とされています。

参考書籍

  • 食品衛生の基本!! 調理施設の衛生管理