資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

航空運航整備士の基礎知識

航空運航整備士とは?

航空運航整備士は、航空従事者国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。航空整備士の下位資格です。航空機の整備を行うのに必要で、業務範囲は保守及び軽微な修理など。
一等(飛行機の耐空類別輸送C及び輸送T、ヘリコプターの耐空類別輸送TA及び輸送TB)、二等(その他の耐空類別の飛行機とヘリコプター、滑空機、飛行船)の種別になっていて、国家試験は年2回実施される(実施は国土交通省)。試験には一等、二等ともに18歳以上の年齢制限のほか、一定の整備経歴が必要になる。

問い合わせ
国土交通省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

自動車検査員

自動車検査員とは、民間の車検工場で地方運輸局長の指定を受けた工場において、検査部門の責任者を担うことのできる国家資格です。整備・点検された車が道路運送車両法の保安基準に適合しているかどうかを検査する重要な役割です。

整備管理者

整備管理者は、自動車運送事業において、自動車の使用者に代わって、車両の点検、車両の整備、車庫施設の管理・点検整備などを行います。また、自動車による事故や公害を防ぐなどの社会的にも責任のある重要な役割も担います。

航空整備士

航空整備士は、国家資格である航空従事者のうちの一つで、航空機が安全に運航するために空港内で航空機の整備を行う役割を担う資格です。国土交通大臣指定航空従事者養成施設で学んだ後に国家試験を受けて資格を取得する方法と、実務経験を積み、受験資格を得てから国家試験を受け、資格を取得する方法の2通りがあります。