資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

海技士(電子通信)の基礎知識

海技士(電子通信)とは?

海技士 (電子通信)は、海技従事者国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。通信長や通信士に必要な資格である。主に船舶の電子通信業務の担当になる。1級~4級に分かれ、それぞれの大型船舶の種別になっている。海技士(電子通信)の資格の相互間の上下関係は1級>2級>3級>4級となるが、1級海技士 (通信)の資格は海技士(電子通信)より上級の資格と位置づけられているため1級海技士(通信)の免許保有者は海技士(電子通信)の資格を別途取得しなくても海技士(電子通信)が行なうことが出来る全ての業務に従事することが可能である。
国家試験は年4回程実施される。試験には年齢制限があり、一定の乗船経歴が必要になる。乗船経歴については海技従事者を参照のこと。資格取得に必要な身体的条件(健康状態)は小型船舶操縦士に比べてかなり厳しく、現役の通信長や通信士であってもそれに適合しなければ「海技士(通信)」同様、業務に就く事が出来なくなる。

問い合わせ
国土交通省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

海技士(機関)

海技士 (機関)は、海技従事者国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。機関長や機関士に必要な資格である。主に機関部や機器の修理や点検ができる。1級 - 6級、機関当直3級、内燃機関2級 - 6級に分かれ、それぞれの大型船舶の種別になっている。 国家試験は年4回程実施される。試験には年齢制限はないが、一定の乗船経歴が必要になる。資格取得に必要な身体的条件は小型船舶操縦士に比...

機関当直3級海技士(機関)

機関当直3級海技士(機関)とは、船の推進機関や操舵装置の遠隔操作機能が正確に作動しているかを点検・確認すること。および交替動務による24時間体制で、船の航行の安全を守り、電気や機関に関する専門知識や技術のほか強靭な体力や精神力も求められる。 事故や故障および火災などを未然に防ぐ警報の識別、発生したあとの船内の連絡と応急措置など、即座に緊急事態に対応できる...

海技士(航海)

海技士 (航海)は、海技従事者国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。船長や航海長、航海士に必要な資格である。主に航路図の作成や船舶の操船ができる。1級~6級、船橋当直3級に分かれ、それぞれの大型船舶の種別になっている。国家試験は年4回程実施される。試験には年齢制限はないが、一定の乗船経歴が必要になる。資格取得に必要な身体的条件は小型船舶操縦士に比べてかなり厳しく、...