資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

航空機関士の基礎知識

航空機関士とは?

航空機関士とは、航空機に搭乗し、機体の管理、故障の発見、応急整備などを行う航空従事者です。操縦士の陰に隠れていますが、コックピットで、複雑な機体のシステムを正常に作動させる仕事です。
燃料システム・電気システム・ 油圧システム・ 航法システム・空調与圧システム・ 離着陸システム・防除氷システム・高圧空気システム・消火システム・等々
これらの膨大なシステムを運航中、監視し、故障に対処し、PILOTには操縦に専念できる環境を保持し、必要な事項を整備士に伝達するのが航空機関士の主な業務ですが、近年は操縦室の電子化が進み、各システムもコンピュータが自動的に制御を行うようになったため乗務している例は少ない。現在でも航空機関士が乗務する旅客機には、ボーイング747の300型以前のモデル、ボーイング727、DC-10などがある。

関連資格

海技士(通信)

海技士 (通信)は、海技従事者国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。通信長や通信士に必要な資格である。主に船舶の通信業務の担当になる。1級~3級に分かれ、それぞれの大型船舶の種別になっている。なお、1級海技士(通信)の資格は海技士 より上級の資格と位置づけられており、1級海技士(通信)の資格保有者は別途海技士 の資格を取得しなくても海技士 が行なうことが出来る全ての...

海技士(機関)

海技士 (機関)は、海技従事者国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。機関長や機関士に必要な資格である。主に機関部や機器の修理や点検ができる。1級 - 6級、機関当直3級、内燃機関2級 - 6級に分かれ、それぞれの大型船舶の種別になっている。 国家試験は年4回程実施される。試験には年齢制限はないが、一定の乗船経歴が必要になる。資格取得に必要な身体的条件は小型船舶操縦士に比...

航空工場検査員

航空工場検査員とは、航空工場検査員としての職務に必要な、航空機の検査、確認、製造証明などの知識及び技能にかかわる事務を担当する専門家を認定する資格。 合格率は各科目によりバラつきがあり、おおよそ30~70%。各科目は「法及びその附属法令」及び「製造及び修理の方法に関する事項」の科目 については概ね70%、その他の科目については概ね60%の得点で合格となり、試験の種...