資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

会員登録はコチラ

ログインはコチラ▼

close

パスワードを忘れた場合はコチラ

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

公害防止管理者の基礎知識

公害防止管理者とは?

公害防止管理者とは法律の規定に基づいてその設置が義務付けられた工場において、排出するガスや水に含まれるダイオキシンの量、配水等の汚染具合、ばい煙の量、粉じんの量などを測定する業務を管理する資格者のことを言います。

仕事について

公害防止管理者とは、公害防止組織の設置が義務付けられた工場において、工場から排出されるばい煙や粉塵、排出水などに含まれる汚染物質の測定や、燃料や原材料の検査などの業務を管理する資格です。この資格は、高度成長期の日本で公害が社会問題になったことをきっかけに設置され、近年でも毎年5000人以上が資格を取得している、社会にとって重要な資格の一つです。公害防止管理者の資格を取得していることで、公害防止組織の設置を義務付けられた工場を運営する企業や、環境関連の企業への就職活動や転職活動に有利になるのはもちろんのこと、国家資格である技術士の資格を取得する際に一次試験の共通科目が免除されるというメリットもあります。

年収について

公害防止管理者の平均年収は、企業によってちがいがあります。基本的に製造業、電気供給業、ガス供給業で活躍されています。製造業では、平均年収は700万円前後です。電力会社では、平均年収は800万円前後、ガス会社の平均年収は700万円前後rです。サラリーマン全体からみても高めの収入である資格です。勤続年数や役職によって給与に加算される企業もあります。給与は高いですが、公害防止管理者は、社会にとって大変意義があります。やりがいのある職務です。企業にとって短期的なめりとの見えにくいの仕事でもありますので、そのあたりをうまく誘導していく必要ありますし、その経験や実績が給与に加算されるようになる職務のひとつです。

難易度と試験対策

公害防止管理者は、ばい煙や水質を悪化させる工場排液などが、自然環境に悪い影響を与えるのを防ぐ役割を果たします。一定規模以上の生産設備をもつ工場には、法律で有資格者の配置および届け出が義務付けられています。誰でも受験することはでき、本屋には公式テキスト、独学でも学べるようにテキスト・問題集が試験対策として販売されています。資格の取得方法は、2通りあります。国家試験によるものと、一定の資格をもつ者を対象とした認定講習によるものです。国家試験の申込期間は7月で、試験日は10月の第1日曜日になっています。公害防止管理者には、大気関係4・3・2・1種、特定・一般粉じん関係、水質関係4・3・2・1種、騒音・振動関係、ダイオキシン類関係、公害防止主任管理者といった試験区分があります。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

特定化学物質作業主任者

特定化学物質等作業主任者は2006年3月31日までの名称です。2006年4月1日以降は、特定化学物質作業主任者となっています。特定化学物質作業主任者とは労働安全衛生法に定められた作業主任者のことをいいます。特定化学物質や四アルキル鉛等作業主任者技能講習を修了した者の中から事業者が選任します。その現場によっては必ず必要とされる資格なので会社からの取得のため...

障害者職業生活相談員

障害者職業生活相談員とは、当該資格に関する資格認定講習を修了した者を言い、法律によって障害者を5人以上雇用している事業所で、職業生活全般に関する相談や指導を行う担当者として選任することとなっています。

ガス溶接作業主任者

アセチレン溶接装置又はガス集合溶接装置を用いて行う金属の溶接、溶断又は加熱の作業を行う場合には、ガス溶接作業主任者免許を受けた者のうちからガス溶接作業主任者を選任することが必要です。  作業主任者は、これらの作業全般の責任者として作業方法の決定、作業者の指揮などの職務に携わります。

参考書籍

  • 公害防止管理者等国家試験―正解とヒント 水質関係第1種‐第4種/公害防止主任管理者〈平成22年度‐平成24年度〉 (公害防止管理者等国家試験問題正解とヒント)
  • 公害防止管理者になるための化学の基礎知識
  • 新・公害防止の技術と法規〈2013〉水質編