資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

会員登録はコチラ

ログインはコチラ▼

close

パスワードを忘れた場合はコチラ

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

主任技術者の基礎知識

主任技術者とは?

主任技術者とは、建設業法の規定により一定額未満の元請工事現場や下請負に入る建設業者が現場に配置しなければならない技術者です。国家資格なので試験に合格して、実務経験が求められます。合格者は少ないので、いったん取得していれば職にあぶれることはありません。

仕事について

主任技術者のメリットはなんといっても他の技術者より給料が良いと言ったことです。主任なのですから他の技術者の上に立っているので責任感が強く技術面でも上に出る人がいないくらいの人でなくてはこの主任技術者になれないのです。多くの技術者がこの主任の位置につくためにたくさんの努力をしているのです。ですが立場的に悪いこともあるのが主任の立場なのですがそのデメリットをはるかに上回るくらいの良いことがあるのが技術者が主任を目指している理由にもなっているのです。主任になって多くの技術者に頼られたいと言ったことからも主任を目指す技術者が人がおおいのもまた事実の一つであると言えるのです。生涯に一度はなってみたい主任なのです。

年収について

主任技術者の平均年収は493万円程と言われています。電気を安全に利用するためには必要不可欠な職なので、どんな業界でもニーズの高い資格であるといえます。収入は、ラインを動かすために電気主任技術者の存在が必要不可欠な工場やオフィスビルを所有している会社などが、他の会社に比べると高給なようで、年収750万円の高給が支給されることもあるようです。また、時給換算すると、一般の電気技術者と比べて、100~300円ほど高いとも言われています。この資格を所有していると、60歳を過ぎても仕事にありつける可能性のある仕事とも言われているので、就職や転職の際に有利に働きますし、この資格の重要度は非常に高いものだと分かります。

難易度と試験対策

電気通信主任技術者資格証取得をする為には、国家試験に合格するか、もしくは養成課程を修了せねばなりません。取得にあたり、年齢や性別の制限はありません。
国家試験は、7月と1月の計2回行われ、試験料は18,700円です。科目は伝送交換(システム、専門、伝送設備、法規)と線路(システム、専門、線路設備、法規)です。
工事担当者2種以上の資格を持っている方は、電気通信システムが免除になるなど、他の資格と関連した科目免除制度もあります。
試験対策として、それぞれの科目別などで、過去問を集めた問題集が出されています。また、専門書や入門書、月刊誌なども数多く出されていますので、これらを併用していくことが役立つ勉強法として挙げられます。

関連資格

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士とは、国土交通省管轄の国家資格のうちの1つで、営業所や工事現場ごとに置かなければならない主任技術者や、管理技術者(1級のみ)です。 資格の保有者は社会保険労務士の受験資格が得られます。さらに、1級管工事施工管理技士の資格及び、2年の実務経験があれば、建築設備士試験を受験できます。

警備員検定

警備員検定とは、警備業務検定とも呼ばれ、より良い警備員への資質向上のために設けられるようになった検定制度です。警備のプロフェッショナルを目指し、より信頼される警備員を育成するのにとても役立つ検定制度です。

警備員指導教育責任者

警備員指導教育責任者とは、都道府県の公安委員会から資格者証を交付される国家資格です。講習を受講し、筆記試験に合格する必要があります。業務内容により1から4号の4種類があります。この資格を有していると、警備業務に従事する場合法定新任・現任教育が免除されるなどの利点があります。