資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

保護司の基礎知識

保護司とは?

保護司とは犯罪を犯した者の更正を助ける仕事であり、全国に約5万人の方がいます。法務大臣により委嘱を受けた非常勤の一般職国家公務員であり資格については保護観察所における保護司選考会で認定を受ける必要があります。人と接する仕事なので介護や医療などの仕事に従事した際に資格と経験を活かすことができます。

仕事について

保護司は非常勤の一般国家公務員です。犯罪や非行を行った人の更生が業務の内容です。国家公務員ですが、無給のボランティアなようなものです。メリットは時間の融通が利きやすい人が保護司になれ、保護観察など行います。社会奉仕の精神を持ち、犯罪者の改善や更生を行うのが使命なので、生活の助言や就労の手助けを行います。少年院や刑務所に収容されている人との交流があり、非常に良い経験になります。犯罪や非行を防ぐための犯罪者の人の更生のための理解を深めたり、社会活動の浄化に務める事も可能です。無給で担うという世界にも例を見ない制度なのですが、人格及び行動について社会的信望があり、熱意があり時間的余裕があり生活が安定していればなれます。

年収について

保護司になるためには特別な試験は受ける必要はありませんが、条件をいくつか備えていなければなりません。人格、行動において社会的に信頼されていること。仕事に対して熱意を持っていること。時間的に余裕のあること。生活が安定していること。健康で活動力のある人。と条件があります。それは保護司としての収入は国家公務員ですので0円だからです。あくまでもボランティア活動となります。しかし、仕事にかかわる実費は全額か、一部支給されることになっています。しかし、仕事は、非行や犯罪を犯した人が更生して社会復帰を出来るようにサポートする仕事ですので自分の人生経験を十分に生かせるとてもやりがいのある仕事であることは間違いないです。

難易度と試験対策

保護司になるための特別な資格はありません。しかし、少年院・刑務所を出所してきた人たちを更生保護していく手助けをするにあたり、求められる条件はあります。人格や行動に社会的信望があり、時間的余裕があり、自身の生活が安定している、そして何より職務を全うするためにゆるぎない熱意をもって活動できる健康な体であること。これを目指すことが試験対策になるのでしょうか。あとは管轄となる法務省の保護観察所の推薦を受けて、法務大臣から委嘱されることです。保護司会に入り、研修を受け、犯罪予防活動をしたり、関係機関との連絡調整をしたりします。任期は2年ですが、再選もあります。前任の方からぜひともやってもらいたいと依頼されて、推薦されることもあるようです。

問い合わせ
法務省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

米国弁護士

米国弁護士とは、アメリカ合衆国における弁護士をいいます。アメリカの弁護士制度は日本とはちがっていて、各州ごとに弁護士になるための試験があり、弁護士が行う業務内容や手続きについての法律も定められています

人権擁護委員

人権擁護委員とは盲率の規定に基づいて各市町村に設けられている非常勤の職員で、法務大臣によって委嘱されるボランティアです。 その職務は人権擁護活動の助長、人権侵犯事件の救済のための調査及び情報収集、自由人権思想の啓もうなどです。

司法書士

司法書士とは他者の依頼を受けて登記や供託などの関する代理手続、裁判所、検察庁、法務局に提出する書類を作成することを業務とする国家資格です。 司法書士となるには法務省が実施する試験に合格することが必要です。