資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

介護支援専門員の基礎知識

介護支援専門員とは?

介護支援専門員とは、介護保険法に規定されている専門職で、要支援・要介護認定を受けた人から相談を受けたり、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、介護サービス事業者などと連絡を取り合ったり、ケアプランのとりまとめなどを行ったりすることのできる資格です。通称ケアマネジャーと呼ばれます。

仕事について

介護支援専門員は、居宅介護支援事業所・介護予防支援事業所・介護保険施設・グループホーム・小規模多機能型居宅介護事業所などで働きます。日常生活を営むのに援助が必要である人々のために、ケアプランを立案し、各種サービス事業者などと連絡調整を行うのが主な仕事内容になります。そのケアプランの策定のためには、当然介護を受ける人からの相談に応じる必要があります。介護支援専門員は、数ある介護職のうち、高齢者の相談援助の仕事に分類されます。面接、査定、個別支援計画を作成と進み、計画に沿ったサービスの利用開始後も、その介護サービスが適切かどうかを定期的にモニタリングし、要介護者と介護者の状況に合わせて査定、プランニングを行うという流れになります。

年収について

介護支援専門員の平均年収は380万円ほどであり、男性で400万円、女性で350万円というのが目安です。ここ数年の年収額推移では、緩やかな減少傾向にあるといわれています。また、現実的には介護支援専門員として単独で働く人は少なく、看護師や社会福祉士や介護福祉士などと兼業しているケースが多いといわれています。よって、平均年収額も、純粋に介護支援専門員だけのものではないようです。収入の面では他職種と比べてそれほど奮わない職種ですが、給与以外にもやりがいという報酬が得られるのも事実です。将来性については、大まかに言って、介護支援専門員は福祉系の資格の中でも上位に位置する資格であることから、この超高齢社会に突入した現代において重宝される資格であることは引き続き変わらないでしょう。

難易度と試験対策

介護支援専門員の試験対策としては、まずは過去問題集や、模擬問題集などを解き、実際の試験の出題形式に慣れることが大事だといわれています。ただ暗記するのではなく、質を重視しましょう。よって、問題集もテキストと並行して使用することが大事です。また、介護保険法の改正に合わせて、そのつど覚えるべき事柄や専門用語が増えることから、最新の情勢には普段から気を配っていることがポイントです。いずれにしても、介護支援専門員の試験の受験資格としては、実務経験が必ず必要であるため、働きながら取得されるケースが多くなっています。現状では試験合格者の半数弱は介護福祉士であるといわれていることから、介護福祉士として日中働きつつ、空き時間や夜などを利用して取得されるケースが多く、いかに勉強時間を取るかということが合格の鍵となりそうです。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

義肢装具士

義肢装具士とは、厚生労働省が認定する国家資格で、医師の処方の下に、義肢および装具の装着部位の採寸・採型、製作、身体への適合など一連の業務を行う専門家です。ただ単に義肢装具を製作するだけでなく、利用者と直接会って採寸、装着を行います。

訪問介護員

訪問介護員は、通称ホームヘルパーと呼ばれており、介護保険法の下に訪問介護のサービスを行う者のことをいいます。厚生労働省が認定した講習事業者が行う、介護員養成研修を修了することによって資格を得ることができます。

移動介護従業者

移動介護従業者は、各地の都道府県知事の行う研修を修了した者。通称、ガイドヘルパー、外出介護員と呼ばれている。2003年の支援費制度により現在の名前に変更された。2006年4月の障害者自立支援法施行に伴い「外出介護従業者」に名称が変更されたが、2006年9月30日をもって「外出介護」サービスの大部分の業務が市町村の地域生活支援事業の中の移動支援事業に移行し、その他の業務が...

参考書籍

  • ケアマネジャー試験模擬問題集2013
  • ケアマネジャー試験ワークブック2013
  • 介護支援専門員試験対策速習テキスト 2013