資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

麻薬施用者の基礎知識

麻薬施用者とは?

麻薬施用者とは、麻薬取扱者の内の一つで、病気治療の目的で麻薬を施用したり、麻薬を記載した処方箋を作ったりすることのできる資格です。医師、歯科医師、獣医師の免許を持っていれば、全国都道府県知事に申請して取得することができます。

仕事について

麻薬施用者の資格を取得した医師、歯科医師、獣医師は、麻薬診療施設において、病気の治療の際に麻薬を使用したり、処方したりすることができます。麻薬診療施設においては、麻薬管理者や麻薬施用者が麻薬を管理する必要があるのです。麻薬の管理は非常に厳密に行うように規定されています。例えば、麻薬診療施設においては、鍵をかけた堅固な設備内に保管しなければならないという規定があります。また、麻薬取扱者の中でも、麻薬を施用し、施用のために交付したり、麻薬処方箋を交付したりすることができるのは、麻薬施用者と麻薬管理者だけです。麻薬を管理し、厳重に扱うことで、麻薬に関する事故や紛失、横流しなどを防ぐことができるのです。

年収について

麻薬施用者の資格を申請できる医師、歯科医師、獣医師の平均年収を見てみましょう。医師は平均年収1,100万円前後、歯科医師は680万円程度、獣医師は540万円程度となっています。麻薬取扱者に属する資格は、その資格を取得すれば働ける、というものではなく、医師や研究者などが麻薬を使用する際に取得する資格です。各種麻薬取扱者の資格はそれぞれに活かすことのできる場面や職場が異なってきます。例えば、麻薬管理者という資格があります。麻薬診療施設に2人以上の麻薬施用者がいる場合に、常勤の医師または薬剤師の中から麻薬管理者を1人を定めて、麻薬管理者免許を受ける必要があるのです。また、学術研究などで麻薬を取り扱う際に必要な麻薬研究者の資格や、薬局で麻薬を調剤する場合に必要な麻薬小売業者の資格、麻薬診療施設や麻薬小売業者に置かれる麻薬を譲り渡すための麻薬卸売業者の資格などがあります。

難易度と試験対策

麻薬施用者の免許は、麻薬診療施設のある都道府県の知事に申請して取得します。例えば東京都の例では、東京都福祉保健局の健康安全部薬務課薬事免許係に申請します。添付書類は、医師・歯科医師・獣医師のいずれかの資格を証明する免許証の写しと、診断書、そして新規に麻薬診療施設になる場合には、開設届の写しが必要になります。診断書とは、精神障害、麻薬または覚せい剤の中毒について診断したものです。手数料は一件につき4,600円となっています。郵送は不可で、窓口に添付書類を持参して申請します。また、申請時期は免許が必要になる日のおおむね1ヶ月から2週間前までとなっています。書類の形式などは、それぞれの都道府県によって異なるので、各都道府県の要項の確認が必要です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ボランティア実務士

ボランティア実務士は、ボランティア活動の現状・動向や社会的意義について理解するとともに、活動計画、相談対応、手話やボディアクションによるコミュニケーションのしかたなどを習得し、災害時を含めたさまざまな現場で、スムーズかつフレキシブルに動ける人をいいます。 ボランティアに関する基本知識・専門知識を幅広く学び、それに必要とされる技術と実務能力を養成すること...

臨床心理士

臨床心理士は、文部科学省認可の財団法人 日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格です。活躍の場によっては、学校臨床心理士、病院臨床心理士、産業臨床心理士などとも呼ばれます。精神科と異なり、投薬を行わず、心理学的なアプローチでカウンセリングを行うのが特徴です。

理学療法士

理学療法士は、厚生労働大臣から免許を受ける国家資格で、医師の指導の下に理学療法を行うことのできる資格です。作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士と並ぶ、いわゆるリハビリテーション専門職の資格のうちの一つです。