資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

保健師の基礎知識

保健師とは?

保健師は、厚生労働省によって保健師助産師看護師法に基づいて行われる国家試験に合格すると取得できる資格で、病気の予防活動や、健康増進活動、健康指導などの役割を担うことができます。保健師の国家試験を受けるためには、看護師国家試験に合格する必要もあります。

仕事について

保健師の資格を取得すると、次の3種類のうち、いずれかの保健師として活躍することになります。一つは、市区町村の役場や地域の保健所や保健センターに勤務する行政保健師。一つは、病院に勤務する病院保健師。そして、企業に勤務する産業保健師です。行政保健師の仕事を簡単にいえば、地域住民の健康を守り、促進すること。地域住民である赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層に対応し、健康に生活を送るためのアドバイスを行います。また、時には事業の企画立案なども行います。病院保健師は、健康診断や疾病予防の指導、訪問介護など、色々なシチュエーションでさまざまな業務を行います。産業保健師従業員の保健指導をはじめとして、定期健康診断の診断結果の活用、産業医との相談調整、従業員のメンタルケアなどを行います。いずれも対象者と密に関わり、健康指導を行う重要な役割を担います。

年収について

保健師の収入は、勤務場所によって異なります。例えば行政保健師の場合、基本的には都道府県や市町村の地方公務員として働くことになるため、一般的な公務員と給与額は変わりません。だいたい相場の年収は300万~500万円ほどであるといわれています。この行政保健師と比べて、産業保健師のほうが平均年収が高いといわれています。一般企業に勤めることがその理由です。もちろん企業の規定によって異なりますが、産業保健師の年収は400万~700万円が相場であるようです。待遇についても、勤務場所によって大きく異なります。将来的には、保健師資格取得の必須条件である看護師資格を活かして働くこともできますし、養護教諭2級の資格も指定の科目を受講していれば、申請するだけで取得できます。このことから、保健師という枠に限らず、活躍の幅を広げることができることが分かります。

難易度と試験対策

保健師の資格を取得するには、まず国家試験の受験資格を得る必要があります。その受験資格を得るには、いくつかルートはありますが、主に看護師課程のある専門学校、短大、大学で学び、さらに保健師課程を専門学校か短大、大学のいずれかで学びます。国家試験そのものの対策としては、「データマニュアル」や「クエスチョンバンク」、「スキルアップブック」などが主要な市販参考書となり、多くの受験者によって愛用されています。また、学習に通信講座やスクールを利用することも可能です。保健師の国家試験受験者の中には、看護師の国家試験勉強と並行して行う人が多いため、いかに効率的に試験対策を行うかが一番の鍵になるようです。自分のライフスタイルに合わせた試験対策方法を見つける必要があるでしょう。

問い合わせ
厚生労働省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

医療保険士

医療保険士とは、医療保険学院による、医療機関において会計事務や、レセプト作成などの医療事務の知識や技能を評価するための認定資格のことです。各医療機関において、医療事務を担当するスタッフの存在は病院の要となる重要な存在です。通常の事務職とは異なり、医療の現場においての事務を行うためには、専門の知識や技能を身につける必要があります。検定試験を受験し、合格した...

細胞検査士

細胞検査士とは、細胞病理検査を専門業務とする病理検査室の臨床検査技師のことで、細胞が良性か悪性かを見分けたり、良性細胞の中から少数の悪性細胞を見つけ出したりする検査の技能を認定する資格です。まずは国家資格である臨床検査技師を取得する必要があります。

臨床工学技士

臨床工学技士は、厚生労働省が所管する、医療に関する国家資格です。医師の指示の下に、人工透析装置、人工心肺装置、人工呼吸器などの医療機器の操作や保守・点検業務を行います。いずれも患者の生命を維持するための機器であるため、医学的知識や高い工学知識・技能が求められます。

参考書籍

  • 保健師国家試験のためのデータ・マニュアル<2013>
  • 保健師まるごとガイド: 資格のとり方・しごとのすべて (まるごとガイドシリーズ)
  • 保健師業務要覧