資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

細胞検査士の基礎知識

細胞検査士とは?

細胞検査士とは、細胞病理検査を専門業務とする病理検査室の臨床検査技師のことで、細胞が良性か悪性かを見分けたり、良性細胞の中から少数の悪性細胞を見つけ出したりする検査の技能を認定する資格です。まずは国家資格である臨床検査技師を取得する必要があります。

仕事について

細胞検査士の主な検査実務は、人体の細胞の一部を採取して、がん細胞やがん細胞と紛らわしい異形細胞や前癌病変に相当する異形成細胞の存在を顕微鏡で観察し、発見することです。がんの早期発見や早期診断を目的に行われます。活躍の場は、がん専門病院、大学病院、一般病院、検診センター、検査センターの他、大学・研究機関、製薬会社などになります。具体的な業務内容としては、まず細胞検査材料を採取する際の介助を行います。そして採取した細胞に対して、適切な細胞処理や検査に必要な染色法などを選択します。検査が終われば、検査結果の精度管理や標本の管理・保存などを行います。もし問題のある症例が見つかった場合には、細胞診専門医の診断を仰ぎます。

年収について

細胞検査士の平均年収は400万円程度であるといわれています。また、職場によっては、資格手当が付くこともあり、資格取得者は優遇される傾向にあるようです。特に就職に有利なのは特記すべきことです。また、この細胞検査士の資格取得者は、約6割が女性であり、結婚や出産、育児など、ライフスタイルの都合で退職した後も、細胞検査士の資格を活かして復職している女性が多く、比較的女性にとって優しい職業であるということができるでしょう。現状、がん検診の需要が高まっていることもあり、細胞検査士はまだまだニーズがある資格です。また、がん医療の最先端で活躍したいという熱意のある人にとっても有効な資格であるといえるでしょう。

難易度と試験対策

細胞検査士の資格を得るためには、まず臨床検査技師の国家試験に合格する必要があります。さらに、病院や登録衛生検査所などで細胞診業務を1年以上経験すること、もしくは細胞検査士を養成する大学の研修コースか特定指定施設での研修を修了することが必要で、最終的に認定試験に合格すれば細胞検査士に認定されます。試験は一次試験と二次試験の2種類があり、一次試験は、筆記試験とスライド投影による細胞像判定試験です。二次試験は実技試験で、顕微鏡によるスクリーニング、細胞同定試験、標本作製実技試験となります。試験勉強が学校の勉強だけでは不安という場合には、がん検診センターが開いている二次試験対策講座を利用するのも良いでしょう。一次試験合格者が対象なので、より合格へと直結するためのポイントを教えてくれることを期待できます。

問い合わせ
細胞検査士会

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

臨床検査技師

臨床検査技師は、臨床検査技師等に関する法律によって規定されている国家資格です。病院などの医療機関において、あらゆる臨床検査を行う技術者です。昔は医師が自ら検査を行っていましたが、医療の分業化と検査の高度化が進んだ昨今、病院などの医療機関においては、この臨床検査技師によってあらゆる臨床検査が行われています。

MR:Medical Representative(医薬情報担当者)

多くのMRは製薬会社に所属し、自社の医療用医薬品情報を医師をはじめとする医療従事者に提供し、副作用情報を収集することを主な業務としている。かつてはプロパー(宣伝者という意味のen:propagandistに由来)と呼ばれていた。MRは、医師・薬剤師に対して、薬の適正使用情報や副作用情報、海外での処方例や新薬の宣伝活動などを行う製薬業界での営業職にあたる。ただし、他業界の営業...

歯科技工士

歯科技工士は、歯科医師が作成した指示書を元に、入れ歯などの義歯や差し歯・銀歯などの補綴物の製作や加工を担当する医療系技術専門職に就くことのできる国家資格です。歯科医師もしくは歯科技工士以外が、この歯科技工業務を行うことは法律で禁止されています。

参考書籍

  • 新版 細胞診断学入門-臨床検査技師・細胞検査士をめざす人のために-
  • 設問式細胞診カラーアトラスサイトズーム
  • 精度管理のための自己採点方式細胞診スライドカンファレンス問題集CytoーChec