資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

プロジェクトマネージャ試験の基礎知識

プロジェクトマネージャ試験とは?

プロジェクトマネージャ試験とは、国家資格である情報処理技術者試験の中でも最高レベルの資格であり、キャリアを目指すITエンジニアにとって、大きな目標となる資格です。システムのプロジェクトにおける最高の責任者として活躍することができます。

仕事について

プロジェクトマネージャ試験に合格して資格を取得すると、コンピュータメーカーや情報処理サービス企業、ソフトウェア開発企業などで、システムエンジニアやプログラマーをまとめる立場に立って、プロジェクトを管理・運用する重要な役割を担うことができます。顧客の要望を正確に汲み取り、適切なプロジェクトを立案・計画し、必要となる要員や資源、予算などを策定し、目標達成に向けて管理を徹底しながら運用していきます。運用を行う中では、プロジェクトを客観的に評価したり、システムエンジニアやプログラマ、顧客とのコミュニケーションをうまく取って進めていきます。分かりやすく言えば、システム開発プロジェクトの監督者と言うことができるでしょう。実に責任重大な役職ですが、それだけやりがいも大きいと言えるでしょう。

年収について

プロジェクトマネージャの平均年収は660万円ほどだと言われています。年代別にみてみると、20代で491万円、30代で650万円、40代で701万円、50代で792万円と同年代の平均年収と比べて100万~150万円ほど高くなっています。一般的なシステムエンジニアの平均年収は500万円ということからも、プロジェクトマネージャ資格があれば、年収アップを狙えると言って良いでしょう。プロジェクトマネージャを経て、将来的にはITコンサルタントや社内情報システムなどへのキャリアチェンジも可能であると言われています。また、システム開発においては、近年「短い期間で効果を上げたい」「よりクオリティの高いものを」といった顧客の声が増えており、要求されるもののレベルが上がってきていることから、ますますプロジェクトマネージャの力量が問われる時代が来ています。このことからも、当面、プロジェクトマネージャのニーズが失われることはないと言っても良いでしょう。

難易度と試験対策

プロジェクトマネージャ試験の合格への近道は暗記にあると言われています。暗記の対象として多くの人が利用しているのは、プロジェクトマネジメント協会が発行する「プロジェクトマネジメント知識体系ガイド」です。これは国際的に標準とされているプロジェクトマネジメントの知識体系で、ピンボック(PMBOK)という呼び名で広く知られているものです。プロジェクトを実施する際のフレームワークとして実際、システム開発の現場で活用されているもので、試験対策としてだけでなく実務にも充分役立ちます。IT業界で働く人にとって、仕事の合間にする試験勉強が、そのまま仕事のスキルアップにもつながると言えるでしょう。また、多数ある市販の参考書のうち、ある程度良いものに絞って学習するのが良いようです。午前の試験は四肢択一で、午後の試験は記述式と論述式なので、午前と午後それぞれの対策を行うと良いでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

上級情報処理士

上級情報処理士は、全国大学実務教育協会が認定するビジネスの現場で必要とされる情報処理能力を証明する資格です。特定の試験に合格することで取得する資格ではなく、指定の大学や短期大学で必修科目と選択科目を40単位以上履修することで取得できる資格です。

ビジネスコンピューティング検定

パソコン本体と、さまざまなビジネスソフトウェアを使いこなせる人材の育成を目的とした日本商工会議所主催のの検定です。1級~3級まであり、3級2級は、入力、知識、実技の3教科、1級は知識と実技の2教科です。3級レベルでは、与えられたデータを指示通りグラフ化できること、2級では自分の判断で最適なデータベース処理を行えること、さらに1級では、経営戦略時の意思決定...

情報システム統括責任者

情報システム統括責任者は、企業の経営戦略にのっとった情報システムの計画・立案、さらに信頼性・安全性・効率性のチェックや改善提案などを行うことができるエキスパートを認定する資格。 受験資格 情報システム統括責任者委員会指定の教育講座修了後、同委員会が定める認定資格および審査に合格した者、等。 資格取得後は、2年の間に一定時間の講義受講が義務づけられている。

参考書籍

  • 情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2013年版
  • ポケットスタディ プロジェクトマネージャ (情報処理技術者試験)
  • プロジェクトマネージャ合格論文の書き方・事例集 (情報処理技術者試験対策書)