資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

画像情報技能検定 画像処理部門の基礎知識

画像情報技能検定 画像処理部門とは?

画像処理の技術に関する基礎的な理解と、プログラミングなどに知識を利用する能力を測ります。
CGエンジニア検定(CG部門/画像処理部門)はCGグラフィックの作成など産業、学術など様々な分野で活躍できるCGに関する技術に関しての知識や技術を検定する為の資格試験です。
受験資格
画像処理部門1級…画像処理エンジニア検定2級合格者
画像処理部門2級・3級…受験資格は特に設けられていません。
1級には1次試験と2次試験があり、2次試験は課題論文の提出となる。


問い合わせ
CG-ARTS協会

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ウェブデザイン実務士

インターネット技術に関する知識にくわえ、ウェブサイト構築に必要とされる、デザイン、プログラミング、動画利用などの手法を習得し、コンテンツを制作できるウェブデザイナーはもちろん、デザイナーを管理するウェブディレクターやウェブプロデューサーを養成します。

文書デザイン検定

文書デザイン検定とは、パソコンの各種ソフトウェアを使用してドキュメント(文書)データを適切に作成するスキルを持っているかどうかを評価する資格です。そのほか、高度情報化社会において、正確なドキュメント作成技術を持つ人材を多数輩出することを目的とした試験制度でもあります。

DTP検定

DTP検定とは、DTPの総合的な知識を評価される資格です。近年、DTPの実務の場においては、正しい総合的な知識を有する人が少なくなってきました。そんな中、きちんとしたDTPの知識とスキルを証明するための資格として価値があるでしょう。

参考書籍

  • 2006年 CGエンジニア検定画像処理部門 2級 公式問題集―2006年 CGエンジニア検定画像処理部門 2級 公式問題集
  • CGマルチメディア画像処理検定3級合格テキスト〈2004年度〉―文部科学省認定「画像情報技能検定」
  • CGマルチメディア画像処理検定3級合格テキスト〈2005年度〉―文部科学省認定「画像情報技能検定」