資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ファイナンシャル・プランナーの基礎知識

ファイナンシャル・プランナーとは?

ファイナンシャル・プランナーとは、人生を送るために必要なお金の問題を考え、資金計画に関して専門的な視点からアドバイスを行う専門家です。

ファイナンシャル・プランナーは顧客の人生計画を資金面でサポートすることから「家計のホームドクター」という名称がついています。

仕事について

ファイナンシャル・プランナーの資格は金融関係、保険関係に携わる仕事をしている人は取得獲得を促されます。若い頭の柔らかい時に是非とっておくと良いです。取得による一つのメリットは、資格給をもらえることです。月々の給与が取得後ずっとアップするのです。自己啓発費として一時金を支給される会社もあります。そして金銭面だけではありません。何よりも、今後の長い人生設計において、自分自身の為になるのが一番のメリットです。結婚し、住宅取得する際、保険加入の際大変役に立ちます。3級の取得はレベルはそんなに高くなく、合格率も高いです。しかし仕事の実践に役立たせるためには、少し頑張って2級以上の取得した方が良いです。合格した時の達成感は最高です。

年収について

ファイナンシャル・プランナーは保険会社や証券会社などで勤めている人も多くいますし、独立して働いている人もいます。会社に勤めている場合は収入は会社によって違います。独立した場合は関わった仕事量により安い場合もあれば、1000万円を超える場合もあります。仕事をやっただけ収入が違うのでやりがいのある仕事です。ファイナンシャル・プランナーはクライアントの将来や現在のお金の管理でもあります。老後にどんな生活をするかなど考えていくことでクライアントの手助けをすることです。保険やローンや金融証券などいろいろなもので提案するもので答えがある仕事ではありません。でも将来の目標を達成するために提案をしていく、やりがいのある仕事です。

難易度と試験対策

とっつきにくいとされているファイナンシャル・プランナーの試験ですが、金融・保険関係で働くと必須と言っても過言でない資格になっています。しかし、試験にも段階があり、3級の試験は過去の問題を解くとある程度合格ラインに届く事も可能であります。過去の問題をしただけで合格というのは誰しもが当てはまるものではありません。ある程度の知識や経験がある方に当てはまる事です。書店でも沢山資格本が販売されていますが、初心者の方へは上下で分かれているような本、そしてわかりやすい言葉でせつめいされている本が良いです。試験対策の講義等も開催されている事が多く、比較的お安く受講出来る事が多いのでそういった講義を受けるのも良いです。

問い合わせ
日本FP協会

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

消費生活専門相談員

消費生活専門相談員とは、消費生活業務に関わる相談員のことであり国民生活センターなどで消費者からの苦情の受付を消費者と業者との間に立ってやりとりをする職業でもあります。受験資格などは特にないので、誰にでも習得できます。

中小企業診断士

中小企業診断士は、経営コンサルタントの唯一の国家資格です。 企業を俯瞰し、業種・業界に問わられずに経営改善を導く提案をする仕事で、長引く不況の日本において、今まさに求められている資格です。 中小企業診断士となるためには経済産業省が実施する試験に合格することが必要で、多岐選択式からなる学識試験とそれに合格した者が受ける筆記...

消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザーとは、消費者から買い物の相談を受けたり、商品に対する苦情や問い合わせに適切に対応しアドバイスを行うのが主な仕事です。 活躍の場は、全国の消費者生活センターや商品テスト機関などが多く、2000年度までの資格認定者は8172人でその6割は女性が占めています。

参考書籍

  • パーフェクトFP技能士入門3級用〈’12~’13年版〉