資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ファイナンシャルプランニング技能士の基礎知識

ファイナンシャルプランニング技能士とは?

ファイナンシャルプランニング技能士とは、金融財政事情研究会がおこなっているフィナンシャルプランナーの能力の検定試験です。ファイナンシャルプランニング技能士の資格は、保険会社や銀行が社員に取得することを推奨しています。保険や資産運用のやり方や関連する法律について知識がつきます。

仕事について

ファイナンシャルプランニング技能士のメリットは、現在の立場によって異なります。まず銀行や生命保険会社や証券会社の中には必ず取得するように義務づけている部署もあります。顧客の資産を管理したり、自社の金融商品についての営業をするときにファイナンシャルプランニング技能士の知識が必須となってくるからです。たくさんの種類がある生命保険や損害保険の特徴や、相続についての税金や民法の知識などの幅広い分野の総合的な知識が仕事の現場では必ず必要なのです。また一人の社会人として、不動産や資産運用についての社会常識をつけるという意味でも価値があります。保険や金融商品についての知識が乏しいために、だまされたり損をしないためにも重要なことです。

年収について

取っておいて損はないという資格の一つにファイナンシャルプランニング技能士というものがあります。それってなに、という人には、よくテレビや雑誌で見かける保険の見直しのアドバイスをしてくれる人と言えばわかりやすいのではないか思います。この資格には1級技能士から3級技能士までがありファイナンシャル・プランニング技能検定という国家資格です。収入は成果によるものが大きいので幅はありますが、350万円~1000万円というところです。企業に勤めているのであれば資格取得の手当が大幅にアップされます。保険のことについての知識を得る資格なので、お客様はもちろんですが、自分の将来設計にもたいへん有効な資格であると思います。

難易度と試験対策

ファイナンシャルプランニング技能士の試験対策についてご紹介します。
試験は主に学生や新社会人が受ける3級と経済についてやや上級レベルの2級があります。
一般の方であれば2級までが最終的な目標となるでしょう。
勉強法としましては、書店で何冊か参考書が並んでいますので、自分が使いやすいと思ったものをしっかり理解すれば十分合格できます。
過去問は専門学校のホームページなどで無料で入手できるので、参考書を一通り勉強したら解いてみてください。
試験は学科と実技に分かれています。学科はマークシート方式で実技は記述方式がとられています。
分野は大きく6分野に分かれています。まずは身近な保険やライフプランの分野から始めるといいのではないでしょうか。

問い合わせ
日本FP協会

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)

キャリアカウンセラーは、個人の興味、能力、価値観、その他の特性をもとに、個人にとって望ましい職業選択を援助し、自らを高めていけるようにするキャリア形成の専門家です。キャリアカウンセラーは、企業内の人事・教育関連部門、人材紹介・派遣会社、学校、行政機関、または独立など、幅広い分野で活躍しています。

エグゼクティブ・コーチ

エグゼクティブ・コーチとは経営者(企業などの経営幹部)にコーチングできるプロのコーチであり、さらには、コーチングの講師などプロのコーチとして、独立開業出来るレベルを有しているコーチのことです。 コーチングの現場においては、経験、知識、スキル、人物、性格、特性の全てにおいてクライアントが満足するコーチのことです。 グローバル社会において、今までの価値観・...

プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー

個人の能力・適性・関心・価値観を現状の段階まで把握した上で、生涯に渡るキャリア(仕事経験)形成を設計し、将来への自己啓発を含む能力開発プランを立てるために専門的見地から助言・アドバイスでき、かつ、自身としても、自己で作成したプランにのっとり、生涯現役を体現しようとしている人です。