資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

カーテンウォール施工技能士の基礎知識

カーテンウォール施工技能士とは?

カーテンウォール施工技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県知事(問題作成等は中央職業能力開発協会、試験の実施等は都道府県職業能力開発協会)が実施する、カーテンウォール施工に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。 なお職業能力開発促進法により、カーテンウォール施工技能士資格を持っていないものがカーテンウォール施工技能士と称することは禁じられている。
カーテンウォール施工技能士は、職業訓練指導員 (サッシ・ガラス施工科)の実技試験免除資格となっている。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

高圧ガス販売主任者

高圧ガス販売主任者とは国家資格になります。 ガスという危険物を取り扱うという責任ある仕事、なおかつ販売の現場では体力を使う仕事となります。 受験資格は特になく合格ラインは解答率60%です。ガス関連の仕事に就く、またはスキルアップとして取得しておくことで給与アップや転職に有利とされ、近年では受験者が増えている資格です。

第2種電気工事士

電気工事士には、第1種電気工事士と第2種電気工事士の二つがあり、うち第2種電気工事士は一般用電気工作物、つまり住宅、小規模な店舗などの電気設備の作業のみに従事することができます。

ボイラー・タービン主任技術者

ボイラー・タービン主任技術者は、発電用の火力設備や原子力設備、燃料電池設備の工事など運用に関する保安の監督として資格を取得している者が選任されます。 中卒以上からと幅広く受けることができ、難易度としても易しく、年収・求人ともに全国的に安定しています。

参考書籍

  • カーテンウォール工事 (建築施工の要点)