資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

国家公務員3種の基礎知識

国家公務員3種とは?

国家公務員採用3種試験は、各省庁や出先機関で一般事務や窓口業務を行う初級職員の採用試験です。
国家3種=地域密着の公務員。
国家3種での採用者は職務上、一般市民とふれ合う機会の多い公務員です
職種は行政事務、税務、電気・情報、機械、土木、農業土木、林業、建築、科学、農業の10区分に分けられています。年度によって試験が行われない職種もあります。

問い合わせ
人事院

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

労働基準監督官

労働基準監督官とは労働関係法令の基づいて事業場等に立ち入り調査などを行い、法令の遵守を進めるとともに、労働条件の向上を図る厚生労働省の職員です。 厚生労働省に配置されるほか、都道府県労働局、労働基準監督署に配置されます。

衆議院速記者

衆議院、参議院には議事録などを的確に残す為に速記での議事録の記録が行われてきました。しかし近年、コンピューターでの議事録の記録などへの変更が行なわれ速記者の募集も活動もありません。

国家公務員2種

国家Ⅱ種試験は中級職員を採用するための試験です。多くの受験者が大卒の人である試験でもあると知られています。国家Ⅱ種試験に合格すると本省庁に勤務したり、大部分の人は各省庁の地方出先機関に幹部候補生として採用されます。また、国家公務員Ⅱ種は採用される省庁によって多様性のある仕事の中で幅広い活躍ができるであろう職種です。要するに、国家Ⅱ種は現場のスペシャリストです...

参考書籍

  • 国家3種・地方初級公務員〈1〉政治・経済・社会〈2009年度受験対応〉 (オープンセサミシリーズ)
  • 国家3種・地方初級公務員〈2〉日本史・世界史・地理 (オープンセサミシリーズ)