資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ボイラー据付工事作業主任者の基礎知識

ボイラー据付工事作業主任者とは?

ボイラー据付け工事作業主任者は、2006年3月31日まで労働安全衛生法に規定されていた作業主任者のひとつ。ボイラー据付け工事作業主任者技能講習を修了した者の中から選任されることとなっていたが、2006年4月1日に法令改正が施行され、ボイラー据付け工事作業主任者の制度(技能講習を含む)は廃止。現在は、事業者が、能力を有する者の中から「ボイラー据付け作業の指揮者」を指名すればよいこととなっている。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ガス溶接作業主任者

ガス溶接作業主任者とは、ガス溶接技能者の上位となる国家資格です。 アセチレン溶接装置、あるいはガス集合溶接装置を使って金属の溶接・溶断・加熱作業を行っていく場合には、ガス溶接作業主任者の免許をもっている者のなかから、溶接作業主任者を選任することが定められいます。 ガス溶接作業主任者は作業の前に、作業全般における責任者として安全...

木材加工用機械作業主任者

木材加工所において、特定の機械を5台以上常備している場所は、作業主任者という地位を配置しなければなりません。 そして、作業主任者には、木材加工用機械作業主任者の資格試験に合格した人材が必要となり木材加工用機械作業主任者の資格は必須となります。

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者

高さが5m以上のコンクリート造の工作物の解体、または破壊の作業をする場合にはこの資格者が必要です。 コンクリート造の工作物の解体等作業主任者の資格を取得する為には、コンクリート造の工作物の解体等作業主任者技能講習を受講し修了試験に合格する必要があります。