資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ISO14001審査員の基礎知識

ISO14001審査員とは?

ISO14001審査員とは国際標準化機構による国際規格のうち環境マネジメントシステムの適合性の審査を行う専門家のことです。
この資格を取得するには、関係団体が指定する研修機関で研修を受講し、筆記試験に合格することが必要です。

仕事について

ISO14001審査員の資格をしっかりと試験を取得するISO審査員資格を個人で取得しようとする方が増えており、監査員の養成機関 などで主にISO14001の審査員に関連したISOの審査の規程で、受審する企業の業種や規模であったり、認証範囲などの審査工数だけ定められています。これらのメリットを利用して審査会社は慎重に審査員の資格を選定し、途中審査会社の審査に対して、疑問であったり不満があれば、審査員の変更をすることで審査会社の変更を考慮していく必要がでます。ISO9001を習得する最も大きいメリットは利益を追求していく仕組み、つまり顧客の満足度を追求していく仕組を構築することができることでしょう。

年収について

ISO14001審査員は、企業がISO14001に準拠しているかどうかを審査する機関に勤めることになります。年収は400万円ほどから600万円まであり、安定した収入が見込めます。近年ISO14001を取得する企業は増えており、また環境への意識の高まりからISO14001審査員への注目度も同時に高まっています。このことから広く人気の資格であり、多くの仕事をこなすことが可能です。それにともない収入も増え、生活の基盤として仕事を位置づけることが出来ます。取得をする際にはまずは審査機構の試験を受け、順番に昇格していくという手続きを踏みます。難易度は平均的であり、業務に慣れていればそう難しくないのが特徴です。

難易度と試験対策

ISO14001審査員は筆記試験だけではありません。まずは環境マネジメントシステム審査員評価登録センターによる研修を受けなければならず、その研修期間中の取り組む姿勢がどれだけしっかりしているか、また適性がありそうか、講師が研修期間をとおして観察して、総合的に評価します。したがって、どれだけ真面目に事前勉強しておいて、さらに研修期間中も真面目に取り組んでいるかを講師にアピールして見せる必要があるのです。筆記試験はその後です。では、筆記試験対策として研修の事前勉強には何をしておくべきかというと、ISO14001が求める環境マニュアルを自分で作ったり、自社で実際に環境教育をおこなったりして、本番を想定した演習をするのです。本当に問題があったら改善指導するのも効果的な練習です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

酸素欠乏危険作業主任者

酸素欠乏危険作業主任者とは、労働安全衛生法でさだめられている国家資格です。酸素欠乏症などの恐れのある場所で作業を行うときに、中毒を防止して傷病者への応急手当などをするため、酸素欠乏危険作業主任者がえらばれます。

衛生管理者

衛生管理者とは、労働環境の衛生的改善と事業場の衛生全般の管理を担当する資格です。常時50人以上の労働者が働く事業場では一定数以上の衛生管理者を選任する必要があるため、職種問わずニーズの高い資格となっています。

公害防止管理者

公害防止管理者とは法律の規定に基づいてその設置が義務付けられた工場において、排出するガスや水に含まれるダイオキシンの量、配水等の汚染具合、ばい煙の量、粉じんの量などを測定する業務を管理する資格者のことを言います。

参考書籍

  • ISO14001 主任審査員が語る 中小企業の環境マネジメントシステム
  • マネジメントシステム監査員検定4級問題集