資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

特定化学物質作業主任者の基礎知識

特定化学物質作業主任者とは?

特定化学物質等作業主任者は2006年3月31日までの名称です。2006年4月1日以降は、特定化学物質作業主任者となっています。特定化学物質作業主任者とは労働安全衛生法に定められた作業主任者のことをいいます。特定化学物質や四アルキル鉛等作業主任者技能講習を修了した者の中から事業者が選任します。その現場によっては必ず必要とされる資格なので会社からの取得のための費用が支給されます。

仕事について

特定化学物質作業主任者とは、工場などの化学物質を扱う現場において、作業に携わる人たちが化学物質の汚染を受けないようにするための作業の指導や監督業務を行うことができる国家資格です。現在では産業界で使用されている化学物質は50000種類を超えると言われており、さらに毎年新たな物質が導入されているため、これら多くの化学物質に対する専門的な知識や技能を保持し作業方法の決定や安全対策の指揮を行える人材は多くの企業や業界で必要とされています。そのため、化学物質を扱う業界での実務経験のある人がこの資格を取得することは転職活動時などのアドバンテージにもなり、特定化学物質等責任者の資格取得のメリットは大きいと言えます。

年収について

試験内容は特定化学物質による健康障害とその予防措置に関する知識。そして作業環境の改善方法に関する知識の二つです。講習の後のち、修了試験に合格しなければなりません。化学物質の取り扱いは大変に危険を伴うものであるため、事故を防止し、作業者の安全を保つ作業方法の指揮をとるのが役目となります。合格率は95%以上といわら、会社に入ってからこの資格をとらされるというひとが多いようです。収入は就職した企業によりますが、資格手当が付き収入アップもあり、おおよそ600万前後というところです。

難易度と試験対策

特定化学物質作業主任者は18歳以上なら、誰でも各都道府県の労働局、労働基準協会などに問い合わせて受講することができます。講習の名称は「特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者技能講習」です。講習のテキストがあり、2日間の講習をしっかりと聴いて試験対策を行い、修了試験を受けて合格すると、特定化学物質作業主任者と四アルキル鉛等作業主任者いずれにも選任されることが可能となります。特定化学物質等作業主任者に合格している人は、現行制度では特定化学物質作業主任者と石綿作業主任者いずれにも選任されることが可能です。特定化学物質作業者が、石綿作業主任者にも選任されたい場合は、改めてそのための講習を受けます。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

エックス線作業主任者

エックス線作業主任者とは安全衛生法の規定に基づく作業主任者の一つで、都道府県労働局長から国家資格である当該免許を受けた者の中から事業者が選任する必置の資格です。 免許試験は全国の安全衛生技術センターで実施され、エックス線に関する知識が出題されます。

ガス溶接作業主任者

ガス溶接作業主任者とは、ガス溶接技能者の上位となる国家資格です。 アセチレン溶接装置、あるいはガス集合溶接装置を使って金属の溶接・溶断・加熱作業を行っていく場合には、ガス溶接作業主任者の免許をもっている者のなかから、溶接作業主任者を選任することが定められいます。 ガス溶接作業主任者は作業の前に、作業全般における責任者として安全...

ボイラー据付工事作業主任者

ボイラー据付け工事作業主任者は、2006年3月31日まで労働安全衛生法に規定されていた作業主任者のひとつ。ボイラー据付け工事作業主任者技能講習を修了した者の中から選任されることとなっていたが、2006年4月1日に法令改正が施行され、ボイラー据付け工事作業主任者の制度(技能講習を含む)は廃止。現在は、事業者が、能力を有する者の中から「ボイラー据付け作業の指揮者」を指名す...

参考書籍

  • 特定化学物質等作業主任者テキスト
  • 特定化学物質・四アルキル鉛等作業主任者テキスト
  • 特定化学物質・四アルキル鉛等作業主任者テキスト