資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ビアテイスターの基礎知識

ビアテイスターとは?

ビアテイスターとは、ビールの味や味わい方についてのプロフェッショナルのことです。
ビアテイスターになるためには、日本地ビール協会の主催するビアテイスター認定試験に合格し、その認定を取得する必要があります。

仕事について

 【仕事内容】
ビアテイスターのお仕事は、ビールを扱うレストランや料亭などの飲食店において、お客さんに美味しいビールの選び方や飲み方を伝授することです。フランスワインの専門家がソムリエやソムリエールであるように、ビールの世界にも専門家が存在します。
 【就職先】
主に、ビールを取り扱っている飲食店に勤務し、お客さんの嗜好や食べている料理にピッタリ合うビールを探し出し、その美味しい飲み方について詳しい説明を行います。
また、レストランなどの飲食店勤務の他、お酒を販売している小売店などで、ビールの販売の仕事をすることもあります。特に、地ビールを販売している酒販店や小売店、またレストランでは、ビアテイスターの存在が非常に高く評価されることがあります。

年収について

ビアテイスターの正確な収入については、詳しい情報はまだ公開されていません。ビアテイスターの称号自体が現在ではまだ有名でないのがその理由とされています。
 【年収例】
ビアテイスターの称号を取得した人は、大抵はバーテンダーやビールバーなどに就職するので、年収は平均して300万円から400万円前後となっています。
また、このほかにも、アルコール販売会社に勤めるという手もあります。
こちらは正社員としての雇用がとても多いので、レストラン勤務やバーテンダーよりも安定した収入を見込めるかもしれません。
ビアテイスターを取得したからと言って、すぐに大幅な収入アップが期待できるわけではありませんが、アルコール関連の就職や転職に有利に働くことは確実です。

難易度と試験対策

 【難易度】
日本地ビール協会が開催するビアテイスター認定試験の難易度は、さほど高くはありません。
合格率は約80%と、ほとんどの受験者が合格しています。
 【試験対策】
ビアテイスター認定試験には、55問の筆記試験に加え、官能(テイスティング)試験の2つが課されます。
この試験に合格するには、まず日本地ビール協会の会員登録を行い、筆記試験、官能試験の両方において約75%以上正解することが必要です。
また、日本地ビール協会の開催するセミナーに参加し、約30種類のビールの試飲、官能評価の方法、オフフレーバーについての知識を学ぶのが必須です。
そのため、ビールについての知識があり、またセミナーを熱心に受講する心構えがあれば、試験対策としては十分です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

フードコーディネーター

”フードコーディネーター”とは、食に関するビジネスの中で特定の分野に精通しつつも、商品企画、販売促進、宣伝など複合的にプロデュースする職業のことです。資格としてはNPO法人日本フードコーディネーター協会が1級~3級までを発行している。

きき酒師

「きき酒師」は、酒屋や料亭・レストランなどで、飲み手の希望に合った日本酒とその楽しみ方を提供するプロのことです。 きき酒師になるには、日本酒サービス協会・酒匠研究会連合会の主催する「きき酒師」認定に合格する必要があります。

食品衛生管理者

食品衛生管理者とは食品衛生法の規定により食品の加工や製造の業種に配置が義務付けられた国家資格です。 資格者は医師などのほか、大学等において医学等を修了して卒業した者、厚生労働大臣が指定する養成施設の課程を修了した者とされています。

参考書籍

  • ビールの基本
  • 東西南北・地ビールガイド―ビア・テイスターとこのセンシティヴなビールの夜明け (Taru books collection)
  • 日本ビール検定公式テキスト