資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

機関当直3級海技士(機関)の基礎知識

機関当直3級海技士(機関)とは?

機関当直3級海技士(機関)とは、船の推進機関や操舵装置の遠隔操作機能が正確に作動しているかを点検・確認すること。および交替動務による24時間体制で、船の航行の安全を守り、電気や機関に関する専門知識や技術のほか強靭な体力や精神力も求められる。
事故や故障および火災などを未然に防ぐ警報の識別、発生したあとの船内の連絡と応急措置など、即座に緊急事態に対応できる技術と判断力が要求される。船員の命綱をにぎる重要な職務を担うための国家試験。

問い合わせ
国土交通省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

航空従事者

航空従事者とは、日本の航空法で定められている国家資格で、航空業務を行う際には必須の資格です。その具体的な資格としては、操縦士(パイロット)、航空整備士、航空工場整備士、航空機関士(フライトエンジニア)、航空通信士、航空士が存在します。

運航管理者

運航管理者とは、航空においては、国土交通大臣の行う運航管理者技能検定に合格した者を指し、船舶においては、地方運輸局長に認定された者のことを指します。気象条件などから、飛行機や船舶の運航管理を行います。

海技士(通信)

海技士 (通信)は、海技従事者国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。通信長や通信士に必要な資格である。主に船舶の通信業務の担当になる。1級~3級に分かれ、それぞれの大型船舶の種別になっている。なお、1級海技士(通信)の資格は海技士 より上級の資格と位置づけられており、1級海技士(通信)の資格保有者は別途海技士 の資格を取得しなくても海技士 が行なうことが出来る全ての...