資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

会員登録はコチラ

ログインはコチラ▼

close

パスワードを忘れた場合はコチラ

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

特別管理産業廃棄物管理責任者の基礎知識

特別管理産業廃棄物管理責任者とは?

特別管理産業廃棄物管理責任者とはなにかについてはまず、特別管理産業廃棄物を生ずる事業場には置く事が義務づけられており、その事業場における当該廃棄物の処理に関する業務が適切に行われているのかをチェックする事が主な仕事です。

仕事について

特別管理産業廃棄物を処理する事業所では事業場ごとにこの資格を保有している方を選任し、設置する義務があります。それだけ特別管理産業廃棄物の処理は、難しく注意しなければなりません。この資格を保有することによって、特別産業廃棄物管理における責任管理ができるのですから、このような産業廃棄物業者への就職において、非常に優遇視され、採用されやすくなることがこの資格のメリットです。

年収について

特別管理産業廃棄物管理責任者の収入は、産業廃棄物処理業者の社員として働く場合は、月収20万円程です。廃棄物処理の専門家として社内での評価は高く、採用時にも評価の対象になる資格です。特別管理産業廃棄物管理責任者は、廃棄物処理に係わる業務が適切に行われるように責任を持って管理する役割を担っているので、事業所にひとり置くことが義務化されています。医師などの国家資格または学歴、実務経験などの条件を満たした人で事業者から指定された人、それ以外の人でも講習を受講して試験に合格すれば取得できる資格です。採用には有利なので、業界でも大手の会社に勤める、経験を積んで独立し、自分で事業を起こすなどで収入を増やすことは可能です。

難易度と試験対策

特別管理産業廃棄物管理責任者は、医師、歯科医、獣医師などの医療に関する国家資格保有者や一定の実務経験者等の資格を満たした人が就くことができます。これらの資格を満たさない人でも、財団法人日本産業廃棄物処理振興センターが行う講習会を受け、修了試験に合格することで、資格を満たすことができます。講習会は全国各地で行われています。修了試験といっても合格してもらうための試験なので、不合格になるほうが少ないです。そのため、まじめに講義を受けることが試験対策になります。講師の話をよく聞き、重要なポイントはメモすることが肝心です。ちなみに万が一、不合格になった場合は再試験を受験できます。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

酸素欠乏危険作業主任者

酸素欠乏危険作業主任者とは、労働安全衛生法でさだめられている国家資格です。酸素欠乏症などの恐れのある場所で作業を行うときに、中毒を防止して傷病者への応急手当などをするため、酸素欠乏危険作業主任者がえらばれます。

ガンマ線透過写真撮影作業主任者

ガンマ線照射装置を用いて行う透過写真の撮影の作業については、ガンマ線による障害の防止の直接責任者としてガンマ線透過写真撮影作業主任者免許を受けた者のうちから、管理区域ごとにガンマ線透過写真撮影作業主任者を選任することが必要です。 ガンマ線透過写真撮影作業主任者は、ガンマ線による障害防止の措置の職務に携わります。

特定化学物質作業主任者

特定化学物質等作業主任者は2006年3月31日までの名称です。2006年4月1日以降は、特定化学物質作業主任者となっています。特定化学物質作業主任者とは労働安全衛生法に定められた作業主任者のことをいいます。特定化学物質や四アルキル鉛等作業主任者技能講習を修了した者の中から事業者が選任します。その現場によっては必ず必要とされる資格なので会社からの取得のため...

参考書籍

  • 図解入門ビジネス 最新産廃処理の基本と仕組みがよーくわかる本 (How‐nual Business Guide Book)
  • ここまでわかる!廃棄物処理法問題集